ハタマド マドカラヒカリ

Works

東京組さんイタリカサッシ『ロールスクリーンとシェード』の組み合せ

東京組さん イタリカ 内開きシリーズ

こんにちは。東京、神奈川、千葉でオーダーカーテンのコーディネートから取付工事をしております、ハタマドの秦美穂子と申します。さてさて、今回は東京組さんのイタリカの木製サッシにレースシェードと遮光用にロールスクリーンを設置したお客様の例をご紹介させていただきます。 カーテンにせずにロールスクリーンにする理由は主に2つあります。 ①窓枠の上にスペースがない。カーテンレールを設置するとひっかかってしまうという場合です。 ②見た目にシンプルなほうが好き、という場合。 ①ですが、窓枠の上にスペースがあまりない場合、カーテンレールを設置し、カーテンをかけますと、ドレーキップの際にカーテンが引っかかりやすくストレスがたまります。 ▲特にこちらの写真はレースも厚手もカーテンスタイルにした場合です。 もしこの厚手のカーテンとレースを、このイタリカの窓に合わせて違う形にするとどうなるでしょう・・。 はい!!↓ こうなります。 決して、この形が一番いいという意味ではなく、このように設置するこがあります、、という写真です。 レースはシェードタイプで窓枠に直接設置し、夜外から見えないように閉め、朝の光も遮光するためにロールスクリーンを使用しました。 窓枠にはハンドルがついていますので、ハンドルをかわすために手前にロールダウンするようにしております。 でもその分、窓との間の隙間が多くなり、光漏れが起こってしまうのは考ておきましょう。。

Contact

  • 03-5752-0670
  • メールでのお問い合わせ
ハタマド

〒154-0012
東京都世田谷区駒沢5-14-6 ギャザリングプレイス