ハタマド マドカラヒカリ

Catalog

東京組さん木製サッシMADOBAの施工例(シェード+両開きカーテン)

シェード,設置方法について

こんにちは!東京、神奈川、千葉でオーダーカーテン、オーダーブラインドのコーディネートから取付工事までを行っております「ハタマド」秦美穂子です。今回は株式会社東京組さんの木製サッシMADOBAのカーテンの施工例をご紹介させていただきたいと思います。
カーテンスタイルとして、室外側にシェード、手前・室内側を両開きカーテンにコーディネートするのは人気のスタイルです。



ただこちらのスタイルが、東京組さんの木製サッシMADOBAの場合は、木製サッシの室内側への出っ張りが両開きカーテンのほうを木製サッシそのものに引っかかりやすくしてしまうので、設置には必ずある工夫が必要になります。



木製サッシにシェードを設置すると、全体の幅だけでもこれだけのスペースを取ります。できれば壁の中に埋め込んでしまえればよりいいですね。シェードが下まで降ろしてフラットな状態であるときと、上まで上げてボリュームが出たときは、これだけでカーテンを両開きにするに、干渉度合いが変わってくるのがおわかりかと思います。ここが重要ポイントです!




レールと壁の間に「スペーサー」というブロックのような物を入れます。このスペーサーは重ねて使用できるので、ある程度はいくつかを重ねて壁面から設置物を離す事ができます。
しかし、離しすぎるとネジが下地まで届かなくなったり、カーテンのように重いものを掛けると、垂れ下がってくるのでやり過ぎは厳禁です。






こちらのお宅は、窓の外がもろお隣のリビングのため、遮像するよりなく、厚手レースでのシェードを設置しました。











Contact

  • 03-5752-0670
  • メールでのお問い合わせ
ハタマド

〒154-0012
東京都世田谷区駒沢5-14-6 ギャザリングプレイス