ハタマド マドカラヒカリ

Catalog

シェードの取付(取り外し)方法について

シェード

こんにちは! 東京、神奈川、千葉でオーダーカーテン、ブラインドのコーディネートから施工までを行っております、「ハタマド」秦美穂子です。

今回はシェードの組み立てをするために、照明スタンドを少し手を加え、こんなスタンドで、シェード組み立てを行ってみました!!

シェードの組み立て、取り外しはよく聞かれる項目ですので、今回写真を撮ってご説明していきたいと思います。


▶︎カーテンレールを照明スタンドに合体させまして、シェードを接続してみました。(笑)


▶︎シェードの幕帯を外すと、マジックテープが表れます。『ああ〜!そうなっているんだ〜』って
思いますよね!


▶︎マジックテープのオス面。


▶︎設置する幕帯のマジックテープのメス面です。これを張り合わせます。


▶︎じゃん!! こちらがシェードの表面です!


▶︎こちらがシェードの裏面です。


▶︎ここから組み立てていきますね。紐を通していきまーす。


▶︎面倒ですが、、全部通しきりました!



▶︎重し(ウエイトバー)を裾部分に入れます。


▶︎横がポケットになっているので、ポケット部分からいれればOKです。


▶︎コードを巻き付けます。コードが全て同じつっぱり感になるように、調整して巻いてください。
どこかがきつかったり、どこかが緩かったりすると、シェードが均等に昇降しません。


▶︎うむうむ、、いい感じだぞ。

そういえば、こちらは『遮像レース』でございます。
照明を部屋内からつけても、外から見えないという優れもの機能!


▶︎遮像レースは『ウェーブロン』ともいいまして、照明を部屋内からつけても外からは見えないレースでございます。写真は右のシェードが遮像レース、左側が普通のレースです。

▶︎2枚のレースをあえて外から見てみましょう!写真ではちょっとわかりにくいかな?遮像レースと普通のレースの違いでした!


 


Contact

  • 03-5752-0670
  • メールでのお問い合わせ
ハタマド

〒154-0012
東京都世田谷区駒沢5-14-6 ギャザリングプレイス