ハタマド マドカラヒカリ

Info

レバノン、ティールでの出会い

おススメの商品

以前レバノンに『高句麗伝説コンサートツアー』に行ったときでした。 ツアーでいろいろな遺跡をまわりました。 今でも様々な色に咲いていた花々を覚えています。 この子供と一緒の小さな人形を、現地のおじさんが売っていました。 レバノンのティールというところです。 『海に沈んでいたものを拾ってきたんだよ。買わない?』といわれ、特にレバノンで買い物をするわけでもなかった私は、せっかくの機会だから、お土産に・・・。といくつもあった中からこれを何気なく選んでいました。 何気なく買ったのですが、この小さな置物は、今や、私には、なくてはならない存在です。 お母さんと子供を感じる、このティールの海からの小さな友人は、今日もこの空間で光っています。 $秦 美穂子 のブログ 『高句麗伝説』世界平和へのコンサート インフォメーションはこちらクリックです。

Contact

  • 03-5752-0670
  • メールでのお問い合わせ
ハタマド

〒154-0012
東京都世田谷区駒沢5-14-6 ギャザリングプレイス