ハタマド マドカラヒカリ

Info

心模様作品 黄色の光のフラワーベースさんとの再会

お知らせ|心模様作品との出会い

黄色い光の『フラワーベース』さんとの再会

前回に書かせていただいた桃花水フェアから月日は経ち、そのフラワーベースさんの事は心にしまったままのある日のことでした。高麗恵子さんが出演もされ、NPO高麗で開催しておられる『高句麗伝説』というコンサートが金沢で開催されることになりました。石川県出身の私としては、ワクワクし、金沢での高句麗伝説コンサートを待ち通しく感じていたのです。
そんなとき、ふと私は『高麗恵子スカイロケットセンター』に何かがあるように感じました。
何かはわかりませんが、行ってみることにしました。

謎の点線が

皆さんも是非訪れてみてください。『高麗恵子スカイロケットセンター』は内面であり、宇宙であり、宇宙を超えた世界かもしれません。その光景が現れ、人の意図が全く入っていない、例えて言うならば大自然、大宇宙そのものの美しさが表現された、美しい作品で溢れています。さて、私はそのスカイロケットセンターで一枚のランチョンマットに出会いました。見た瞬間、『これ!!』とわかりました。まさしく故郷の空がそのまま描かれているような作品でした。
『これに呼ばれたんだ!ああ、よかったー!マット一枚でよかったー!これで心置きなく金沢高句麗伝説いけるわ』と思った瞬間でした。私の視界の遥か右側から点線マークのようなサインが見える気がしたのです。点線のマークはこんなふうに見えるのです。
視界の外から点線がのびてきて、ランチョンマットの上を指しています。
                            ー ー ー ー ー ー ー ー 
                           |
                           |
                           |
                           |
                           ↓
                 (ここに・・)

これは一体なんだろう・・?!と思ってその点線の元を見た時、どこかで見た黄色の光があるではありませんか。『この作品さんは、どこかで見覚えがあるんですが・・』とスタッフの方に言ったところ、『それ、秦さんが以前申し込みされたけどキャンセルされたフラワーベースですよ!』と教えていただき、ビックリしてしまったんです。フラワーベースさんは点線で『私をそのマットの上に置いてください』と点線マークで教えてくれていたんです。
そしてその通りにやってみました。

 

感動の再会!

もうまさしくピッタリを超えて、ひとつでした。一体です。 私のこころとも一体です。こんな事ってあるのでしょうか。出会った瞬間から、『お帰り!』と光が優しく、爽やかにさりげなく、通り過ぎる風のようにメッセージをくれたフラワーベースさん。ここで長い間待たせてしまったんだと、ただただ本当に申し訳なく、そしてどこにも行かずに待っていただけた事を本当にありがたく感じました。ランチョンマットと、このフラワーベースとの出会いを自分は受け入れ、必ずなんとかすると決めました。1回キャンセルし、こうして再会した今、単にお金のことでこの出会いを切ってしまうなんていう選択肢は、私にはありえませんでした。とはいえ、起業したばかりで借金だらけ。バイトでの稼ぎしかありませんでしたが、私は必ずやると心に誓ってこの出会いを受け入れました。

このフラワーベースは私が失いかけていた心そのものだった

今でこそ、このフラワーベースさんはオフィス兼自宅の、一番いい場所のど真ん中に位置しています。
でも、最初うちにお迎えしたときは、私はまだこのフラワーベースさんの本当の意味をわかっていませんでした。大切なはずのこのフラワーベースを、何故か家の隅っこに放っておいたり、気がつくとぶつけてしまったり、水でつい洗ってしまい模様が一部流れてしまったり、このフラワーベースだけに限って起こる自分の反応が自分自身でも嫌になり、明らかにおかしいと感じ始め、考えざるを得なくなったんです。
それは、このフラワーベースさんの光は自分そのものだと気づいたときに号泣とともに自分は大きく変わるきっかけとなりました。
一番奥にある、本当の自分なのです。私はいかにも華やかで豪華な感じや、見た目の華やかさに憧れがありました。スッとしていて透明な感じは自分の愚かな目には価値あるものとして全く映らなくなっていたのです。強くなることばかり考え、どんなに叩いても、落としても壊れないもの、頑丈であることが自分がものを選ぶ基準であり、それはいつしかモノだけではなく、自分のことをもそのように扱うようになっていました。繊細であること、優しいことはこの世の中では簡単に踏みにじられ、傷つけられます。私はそんな世の中から逃げるようにして、その繊細さや優しさを失うことで生きてきてしまったのです。生きていく上で、このフラワーベースのように透明で繊細で優しい自分のこころを無視してきた自分、でもそれがいかに大間違いであるか、その存在の尊さを初めてこのフラワーベースさんの存在を通して教えてもらいました。自分のことを本当の意味で受け入れられるようになり、私の価値観は大きく変わりました。見事に、自分の間違ったフィルターが一つ、音をたてて崩壊してくれたのです。


Contact

  • 03-5752-0670
  • メールでのお問い合わせ
ハタマド

〒154-0012
東京都世田谷区駒沢5-14-6 ギャザリングプレイス